平成18年度 第14回 いきいき健康講座
1.日程 : 2007年 1月 11日(木) 10:00 〜 15:00
2.会場 : 小野川温泉 「吾妻荘」
3.参加者 : 健康クラブ会員および一般受講者  22名
4.講師 : 吾妻荘 社長 遠藤慶一 氏
       福祉美容インストラクター 千原康子 氏 

5.講座内容 :
    1.講座1 「温泉の効用と健康食」=正しい温泉の入り方=
            講師 吾妻荘 社長 遠藤慶一 氏
       ■温泉の効用 小野川温泉は一番古くに開湯された所で万病に良いとされている。
       ■湯は「塩・硫化水素・ラジウム」が混じり、軟質で肌にやわらかく感じる湯であり、 特に、虚血性の方は
         血行が改善される効果がある。
       ■膝が痛い場合の指圧のツボとして、太もものこりを揉んで筋をやわらかくするの指導。
       ■健康を維持・改善する食事として、玄米・糖乳・魚・野菜を中心としたものが良いことと、中性脂肪を
         減らすために肉類は脂肪をできるだけ省いたものを食するようにとのアドバイスをしていただいた。
       ■今の若い人や子供の食生活、飲料嗜好品は糖分摂取が多すぎるので注意が必要である。
 
   2.温泉浴
       ■入浴タイムを2回設け皆さんにゆっくりと入浴していただけた。
   3.昼食
       ■メニュー  「豚肉しゃぶしゃぶ」「まぐろ、いか刺身」「冷汁」「漬物」「わかめ汁」
  
   4.講座2 「10歳若くなる法」=コツを覚えて若々しく=
            講師 福祉美容インストラクター 千原泰子氏
       ■福祉施設での経験から、化粧をすることは本人の生きがいや行動に変化がもたらされ、認知症の軽減や
         笑顔が出るなどの表情改善につながる実例があり大切なことである。
       ■自分に合った化粧品を使うことが一番良い。顔の形と顔の色により効果的な化粧方法を覚えるように
         すると良い。‘美しく老いる’ことが大切。
       ■参加者のお一人に実践モデルとして出てもらい具体的方法を披露していたただいた。

6.受講風景
           写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。
 
              トップページ       活動報告